当社と一緒に「不動産投資」で世界を変えよう。

新卒採用

鎌倉本店の集合写真

 

『不動産の可能性を追求し、より豊かな世界の実現を目指す』

これが我々CFネッツグループが掲げる経営理念です。

我々は、誰もが不動産投資を取り入れられるよう、より再現性が高く、より信頼性の高い手法を創造し、誰もが不動産を活用し、社会の困難を乗り越え、より豊かな人生を過ごせる世界を創りたい。
そんな想いで、不動産投資のプロフェッショナル集団組織を創りました。
我々は常にまだ見ぬ不動産の可能性を追求し、より多くの方に不動産投資を取り入れていただき、未来永劫、不動産投資家のパートナーとして事業を行っていくことを使命としています。

 

 

当社CFビルマネジメントでは、実際に購入頂いた不動産を不動産投資家に代わって経営します。
本業を抱えながらの不動産経営は非常に難しく、誰もが不動産経営に充分な時間を費やすことはできません。
まさに「所有と経営の分離」を実行していただくための組織として、当社の存在は必要不可欠です。
未来永劫のパートナーで在り続けるべく、当社と不動産投資家の「利益相反」を徹底的に排除することを約束し、いつどんな時でも、顧客にとっての「不動産の専門家」として活用いただける企業で在り続けなければいけません。だからこそ、いつでも顧客にとってのベストを提供できるよう、日々努力し、成長し、CF=カスタマーフォーカスを貫く企業で在り続けていく必要があるのです。

 

CFネッツグループのCは「カスタマー」Fは「フォーカス」

当社グループは2000年の創業以来、常に「顧客にとってのベスト」を追求し正直な不動産コンサルティングをしてきました。

その結果「不動産コンサルタント会社」といえばCFネッツグループと言われるまでに成長し、賃貸管理から賃貸・売買の仲介、不動産投資、相続対策等あらゆる分野で活躍し、今なお組織は成長拡大し続けています。

クライアントは全国の会社員や資産家、会社経営者、不動産投資家、ドクターなど、成功した本物の方々。

本物の顧客には、本物の不動産コンサルタントが必要です。

 

本物の不動産コンサルタントを目指すなら当社へ

当社ではベテランの社員が講師となってセミナーを開催し、来場されたお客様の要望に応じて個別相談を開催。

一人ひとりへのオーダーメイドのコンサルティングをしながらご要望に沿ったサービスを提供するスタイルのため、

電話営業やチラシ配布や顧客訪問なども一切ありません。

また社員に弁護士や税理士、不動産鑑定士なども在籍し、不動産コンサルタント会社としては唯一無二の企業です。

ここまで読むと「自分には無理」と思われるかもしれませんが歴代の新卒をはじめ、中途入社メンバーでも未経験者達が築き上げてきた結果です。

また、不動産業界経験者の方も、「本当にこのままで良いのだろうか?」と疑問を抱いている方も少なくありません。

確固たる自信とコンサルティングスキルを高め、不動産業界で更に飛躍したいという方にこそおすすめしたい「CFネッツ」という選択。

新たなトライを、私たちは歓迎し応援します。

 

 

CFネッツグループで働くと「ここが良い」

 

①成長支援制度

資格取得支援制度

宅地建物取引士取得に際し社内で勉強会を開催します。当社は社員全体の宅地建物取引士の取得を推進しており、その中で選ばれたコンサルタントが開催する勉強会にも無料で参加ができます。又、当社指定学校によるスクーリングも認められており、希望者は勤怠管理を考慮し、受講することができます。また社内規定をクリアすると、不動産経営の世界最高峰の資格であるCPM®︎(米国認定不動産経営管理士)のライセンス取得も可能となります。

新しい仕事へのチャレンジ

自分の能力を活かせる場所。将来やりたい仕事がCFネッツグループにあり、チャレンジできる環境が整っています。半年に1回社内アンケートが実施され、希望があれば社内での転籍が可能です。更に高いスキルを身につける為には、実務経験を積むことが一番の近道です。南青山建築工房をはじめとした建築・リフォーム会社で実務を身につけたり、CFネッツでアセットマネジメント・収益物件の売買コンサルティングを身につけたりと、転職することなく思い描いたキャリアプランをグループ内で実現し、新しい仕事にチャレンジできます。

自分自身も不動産投資家になれる

もし証券会社で働いていても自分は投資できません。インサイダー取引になってしまうからです。しかし不動産にはそのようなルールはありません。不動産投資のプロとして仕事をしながら、自分自身も不動産投資を行うことができる。これほど有利なことはありません。ほとんどの不動産会社では、まだまだ歩合給の世界から抜け出せず、金融機関からの評価に乏しく、不動産購入のローンを組むことは困難です。しかし、当社は格付調査機関の評価も高く、固定給ベースでの給与体系となっているため、問題なく不動産投資のローンを利用することができるのです。当社のクライアントを見ていれば、必ずあなたも不動産投資がしたくなります。当社ならそれが叶えられます。

 

 

②福利厚生

住宅サポート(家賃補助)

当社管理物件を利用した住宅支援制度があります。(応相談、年数規定あり)

健康診断

1年以内ごとに1回、会社が費用を負担して定期健康診断を行います。
(検診内容は一般常識範囲のものとなります。)

イベント

当社主催のイベントに無料で参加できます。国内優良企業視察ツアー、海外優良企業視察ツアー等。

 

 

③社内の雰囲気

コンサル会社と聞くと殺伐とドライなイメージかもしれません。
実際は和気藹々と助け合いながらも、互いに切磋琢磨しながら仕事に打ち込んでいます。

ー 入社式・内定式 ー

img2img1

img5img7

img8img10

ー 社員旅行 ー

img7img18

ー 社内の日常・YouTubeセミナー・個別相談・セミナー風景 ー

img23img20

img29img27

 

 

 

CFネッツグループの事業としての強み

CFネッツグループは創業20年を超える日本で初めての不動産コンサルタント会社として、AM(アセットマネージャー)が王道の不動産投資手法を用いて、皆様のライフプラン・投資計画を実現し、PM(プロパティマネージャー)が購入頂いた不動産を責任を持って賃貸経営を代行しています。

現在は主に【好立地の新築/築浅木造アパート】と【好立地の築古区分ワンルームマンション】を組み合わせた、サラリーマンの方から資産家の方まで、どなたでも不動産投資家になれる再現性の高い【王道の不動産投資】で、プロの不動産コンサルタント陣がクライアントの人生を豊かにするお手伝いをしています。

 

『我々が自信を持って管理運営できない物件はご紹介しない』

『お客様に儲けていただき、我々も儲けさせていただく』

『利益相反が生じぬよう、良いものは良い・悪いものは悪いを正直にお伝えする』

 

このような考えに従い事業に励み、クライアント数は1,200名超(法人を含む)、購入頂いた不動産の経営を代行することで、管理戸数は7,300戸超(首都圏、大阪、名古屋を含む)と右肩上がりに成長をし続けてきました。

不動産の売買コンサルティング(CFネッツ)や建築開発ディベロップメント(南青山建築工房)といったフロー収入がなくとも、プロパティマネジメント(CFビルマネジメント)のストック収入を確保できているからこそ、会社存続のために無理やり不動産を押し売りする必要もなく、ただ純粋に「顧客の為」になる仕事だけに熱中することができます。そんな綺麗事を貫く不動産業を実現していることこそが当社の最大の強みであり、存在意義です。

 

 

 

当社は世界に認められたAMO®️認定管理会社です

AMO(R)とは、IREM(全米不動産管理協会)が厳しい審査のもとに認定する「認定不動産管理会社」のことです。
管理会社としての財務状況、経歴、倫理観、そしてIREMの定める基準のクリア状況から、AMO(R)への認定が認められています。
今後、管理会社の信頼度や、スキルやクオリティ、倫理観を判断するための基準となるものです。

amo

 

 

IREM全米不動産管理協会とは

irem

IREM JAPANは日本において、真に倫理的でスキルのある不動産経営管理士の育成を目的とした協会です。
IREM JAPANは当初JREMとしてIREM(全米不動産管理協会)の教育制度の日本への導入することを目的として設立されました。

IREM JAPANはIREMの日本支部ではありますが、単純にIREMの教育を行うだけの協会ではありません。CPM(R)の教育課程を基本とし、さらにCPM(R)を取得した人がビジネスで成功して頂くために、最大限のお手伝いをさせて頂くことを常に念頭に置いた協会です。
そのためにCPM(R)教育課程以外に支部勉強会を通して、収益還元法の実務への落とし込み、マネジメントプランの書き方などを勉強して頂いております。

また、日本の不動産業の実情を考え、不動産管理だけではなく売買についての先端教育も行っております。売買については、IREMと兄弟協会であるCCIM Institute(Certified Commercial Investment Member Institute)の認定資格であるCCIMの教育プログラムの導入も行っております。
CCIMは収益還元法を中心とした投資理論の教育プログラムです。CPM(R)でも収益還元法の教育を行っておりますが、CCIMはより高度な投資理論に特化した教育プログラムです。従って、協会としてはCPM(R)を取得した人が次のステップとしてCCIMの教育を受けることを推奨しております。

また、IREMの支部は世界中に広まりつつあります。すなわち当協会はCPM(R)という共通言語のもと世界とつながっています。このことを利用し、海外との強力なコネクションを構築しつつあります。今後、不動産投資の世界も証券化を中心として世界の中で勝負していなければなりません。このための目と耳を当協会は提供しております。現在、米国内のボストン支部・ハワイ支部とフレンドシップ・アグリーメント(友好契約)を締結し、相互交流を進めております。また、中国・韓国・スペイン・イタリア・チリなどの米国外支部とも連携を深めています。

 

CPM®︎米国認定不動産経営管理士とは

個人の能力や、知識の向上とともに、管理会社全体の倫理規定の遵守を保つものです。CPM(R)は、一定の不動産管理実務を経験し、プログラムを受講、そして厳しい試験に合格しなければならない、プロパティマネジメントの最高峰認定資格です。当社代表の小川をはじめ、当社にはCPM(R)が多数在籍しています。

cpm

 

CCIM米国認定商業不動産投資顧問とは

CCIM は、CCIM Institute(全米認定不動産投資顧問協会)認定の、不動産投資に関する詳細な分析手法を学ぶ米国の高度な教育プログラムです。CCIM資格は不動産投資の先進国である米国で非常に権威のある称号です。当社代表の小川がCCIMの認定を取得しています。

ccim

 

 

 

 

CFBM代表からメッセージ

#

 

当社なら誰でも本物の不動産コンサルタントになれる。

私は2017年にCFネッツグループへ中途入社しました。

それまでは、ハウスメーカーや外資系IT企業、開発用地の仕入れなど、不動産業界のあらゆるジャンルを経験したいという思いから、1年半毎に転職を繰り返してきました。そして最終的には不動産会社を起業するまでに至りました。

それまでの経験や仲間達のおかげで、事業はうまくいきました。しかし、ふとした時に「こんな感覚的な判断で良いのか?」と不安に駆られるようになっていきました。そしてある出来事をきっかけに、憧れていた当社CFネッツグループに入社することとなりました。

そこからの日々は、今までの日常とは全く違いました。

社内には、ありとあらゆるジャンルの不動産業務が飛び交っており、しかもその一つ一つがハイレベルであり、これまでにない衝撃を受けました。それからは学びの日々でした。学びといってもテキストを読む座学などではなく、「目の前の顧客のためにベストを尽くす」という学び方です。その結果、飛躍的に知識が増え、以前の悩みだった「感覚的な判断」から「根拠のある論理的な判断」に昇華することができました。振り返ってみると、最初からCFネッツグループに入社していれば、20代の頃に転職を繰り返す必要もなかったと思います。

その後、私は入社4年で代表取締役に就任しました。

言っておきますが、社内政治やゴマすりなどは全くしていません(笑)。

とにかくがむしゃらに顧客のために仕事に打ち込んでいけば、そんな夢のような昇進のチャンスがあなたにも待っています。

経験・未経験といったスタートラインは当社には全く関係ありません。どれだけ目の前の顧客に尽くすことができるか、

つまりCF=カスタマーフォーカスを体現できるかだけが重要です。それさえあれば、当社なら誰でも本物の不動産コンサルタントになれます。

皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。不動産の可能性を追求し続け、一緒に世界をもっと豊かにしていきましょう。

#

 

よくある質問

Q.インターンシップに参加するには?

A.エントリーフォームより、エントリーをお願いいたします。エントリー確認後、当社よりメール又はお電話にて会社説明会のご案内を差し上げます。
エントリーはこちら
Q.選考を希望するにあたって、必要な要件はありますか?

A.不動産コンサルタントに興味がある方であれば、国籍、性別、資格等の有無は特に問いません。選考は人物重視ですので、何よりも大事なのは不動産に関わる仕事がしたい、というやる気と強い志があれば応募可能です。
Q.学校での専攻過程などは重視されますか?

A.文系・理系、または学部・学科・出身校は問いません。学校で不動産を学んだことがない社員もおりますが、それぞれの事業部で活躍しています。
Q.転勤はありますか?

A.エリア採用(大阪・名古屋)の場合は基本的にありません。東京又は鎌倉での転勤はありますが、本人の希望を最大限に考慮して決定します。総務企画・経理事務・賃貸管理事務の部署は業務の都合上、鎌倉本店に固定勤務となります。
Q.上司と性格があまり合わなかったら?

A.当社では、半年に1回社内アンケートを実施しており、社員同士の協調性の確認、改善を図っています。社員全員がコミュニケーションを円滑に取れ、心地よく過ごせる会社づくりに努力しています。

 

 

新卒採用募集要項

資産管理コンサル(PM事業部)

資産管理コンサルとは
不動産・株式・債権などの金融資産を含めた資産管理を代行します。 投資用不動産の所有者、又は資産運用コンサルであるアセット・マネジメント事業部(AM)から仕事を受託して管理業務を行います。

<業務内容>

物件のリーシング(テナント付け、仲介業務)と賃貸管理全般を行います。
現在、7,000室を超え、更に毎年増加し続ける管理物件の維持管理から賃貸管理、空室対策、付加価値の創造などを中心に行います。

新人社員、業務未経験者には、最初はリーシングやメンテナンスの能力を身につけていただきます。
宅地建物取引士の資格のない方は、取得までの間、アシスタントとして業務を補助していただきます。

給与245,000円〜(営業職の場合) + 別途報奨金制度(毎月・四半期・年間)有り
諸手当交通費支給、役職手当、資格手当(宅建士15,000円/月)
給与改定年1回(4月)
賞与年2回( 会社業績、個人業績により変動 )
年収例1230万円/入社12年目(未経験者)/38歳(月給67万円)
510万円/入社3年目(経験者)/36歳(月給34万円)
570万円/入社2年目(マネージャー)/29歳(月給38万円)
勤務地[鎌倉本店] ※原則、鎌倉本店勤務となります。
神奈川県鎌倉市大船2-19-35 CFネッツ鎌倉ビル

[東京本社]
東京都中央区京橋3-9-8 京橋白伝ビル3F

[横浜支社]
神奈川県横浜市磯子区杉田1-5-7 K.Y.Tビルディング1F

[大阪支社]
大阪府大阪市北区梅田1-3-1-500号  大阪駅前第1ビル5F 501-5号

[名古屋支社]
愛知県名古屋市中村区名駅4-23-13 名古屋大同生命ビル2F

アクセスマップ 

※CFビルマネジメントは全面禁煙です。

勤務時間営業職:10:00〜18:45
事務職:9:00〜17:45
休日・休暇年間休日110日 週休2日制(火水)、夏季休暇、年末年始休暇、GW、有給休暇、慶弔休暇
各種保険健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
福利厚生制度福利厚生制度
成長支援制度成長支援制度

 

 

キャリア(中途)採用募集要項

資産管理コンサル(PM事業部)

<業務内容>

■ 投資用不動産の管理代行業務
■ 投資用不動産物件の査定
■ 不動産管理取引に伴う書類作成
■ セミナー講師、コラム連載、雑誌原稿作成、SNSによる情報発信等

<登録資格>

■ 応募資格
下記いずれかの業界での実務経験をお持ちの方
・不動産
※職種や経験年数は問いません。営業経験をお持ちの方は、経験を活かせます。
多くのことを学び、スキルアップしたいという意欲を重視します。

■ あれば活かせる資格
・宅地建物取引士(取引士証交付済みの方)優遇します
・不動産コンサルティングマスター
・賃貸不動産経営管理士
・CPM、CCIM
・AFP、CFP

給与固定給制:月給245,000円〜  ※経験・能力等を考慮の上、決定します。 + 別途報奨金制度(毎月・四半期・年間)有り
諸手当 交通費支給、役職手当、資格手当(宅建士15,000円/月)
給与改定年1回(4月)
賞与年2回( 会社業績、個人業績により変動 )
年収例1230万円/入社12年目(未経験者)/38歳(月給67万円)
510万円/入社3年目(経験者)/36歳(月給34万円)
570万円/入社2年目(マネージャー)/29歳(月給38万円)
勤務地[鎌倉本店] ※原則、鎌倉本店勤務となります。
神奈川県鎌倉市大船2-19-35 CFネッツ鎌倉ビル

[東京本社]
東京都中央区京橋3-9-8 京橋白伝ビル3F

[横浜支社]
神奈川県横浜市磯子区杉田1-5-7 K.Y.Tビルディング1F

[大阪支社]
大阪府大阪市北区梅田1-3-1-500号  大阪駅前第1ビル5F 501-5号

[名古屋支社]
愛知県名古屋市中村区名駅4-23-13 名古屋大同生命ビル2F

アクセスマップ 

※CFビルマネジメントは全面禁煙です。

休日・休暇 年間休日110日 週休2日制(火水)、夏季休暇、年末年始休暇、GW、有給休暇、慶弔休暇
各種保険健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
福利厚生制度福利厚生制度
成長支援制度成長支援制度

 

 

選考フロー

Step①まずは会社説明会のYouTubeをチェック

Step②インターンシップに参加

Step③採用面接(一次面接は各部署マネージャー・最終面接は役員面接)

 

 

 

皆様のエントリーをお待ちしております。